Magazine

Refresh Magazine リフレッシュWEBマガジン

人は、一日のさまざまな瞬間にリフレッシュを求めている。
ミンティアは、ひとりひとりに寄り添って、その一瞬一瞬を応援したい。
読み終わったとき、リフレッシュしたあなたが、また前を向いてがんばれるように。
Refresh Magazineは、ミンティアからあなたへの小さなエールです。

ミンティアTopics

2017.3.6

ミンティア新CMから考える、気持ちの切り替えとは?

私たちは1日の中で多くの人と関わり合いながら生活しています。その時々の状況や一緒にいる相手によって役割や立場も変わり、また抱く感情・気持ちも変わりますよね。今を生きる現代人は、どんな風に気持ちを切り替えているのでしょうか。

現代人にとって『気持ちの切り替え』が重要なスキルに!

あなたは1日の中でどれくらいの人と接しますか? そのときあなたの役割や立場はどう変化しますか?

例えば会社では、対面する人によって上司や部下、同僚、先輩、後輩、発注者、受注者として。家庭では夫・妻、父・母、息子・娘、兄・姉、弟・妹として。その他、親友、恋人、趣味仲間など。また相手との関係性で変化する役割や立場にあわせるようにして、気持ちのモードや抱く感情も変化しているのではないでしょうか。

職場ではやる気モードだったり、恋人の前ではホッとしたいと思ったり、後輩の前ではスマートな先輩でいたいと思ったり。『気持ちの切り替え』をうまくしていくことは、目まぐるしく変化する毎日を過ごす現代人に求められている重要なスキルのひとつなのかもしれませんね。

現代人はどんな風に気持ちを切り替えている?

普段の生活でどんな風に『気持ちの切り替え』をしているか、社会人男女に聞いてみました。

「友達といるときは『おれ』、職場では『わたし』と自分の呼び方を変えている」(40代男性)

「恋人の前では『甘えん坊』だが、後輩の前では『デキる先輩』と思われるよう気を張っている」(30代女性)

「地元のイツメン(いつものメンバー)の間ではツッコミ担当だけど、職場では場の空気を盛り上げるためにボケ担当になることが多い」(20代女性)

呼び方やキャラクターを変えてみるなど、その場の状況や一緒にいる人によって、様々な方法で切り替えを実践しているようです。
※ 2017年2月 当社調べ

「人は、がんばりたい生きものだから。」

ではなぜ、人は気持ちを切り替えようとするのでしょう。そこにはきっと「周囲の期待に応えたい」「最後までやり遂げたい」「自分の力を最大限に発揮したい」など、様々な思いがあるのだと思います。

2017年のミンティアは、MINTIA LOVES LIFEのスローガンのもと、「あらゆる人の様々なLIFE(役割・シーン・感情)に寄り添い、そのどの瞬間のあなたも応援したい。」をテーマにコミュニケーションを展開していきます。

新CMでは『人は、がんばりたい生きものだから。』というキャッチコピーを軸に、「すべてうまくいくことばかりではないけれど、どんな時も前を向いて進んで行こうとする。そんな人々を応援したい」というミンティアからのメッセージをユーモラスに表現しています。
CMキャラクターは、これまでに引き続き綾野剛さんと北川景子さん。そして今回の新CM(二人のがんばりたい時篇)は、お二人の“初共演”作品となりました。

二人のがんばりたい時篇 30秒

とあるビジネスパーティ会場。クールにスマートに、胸を張って堂々と、立ち居振舞っている綾野さんと北川さん。実は二人とも思いがけないアクシデントに見舞われ……。そんな似た境遇の二人はお互いに気付き、同志を見つけたかのように微笑みあうのでした。

役者として様々な役を演じている綾野さんと北川さん。きっと普段から繊細に『気持ちの切り替え』をしながら、演じる役と向き合っていると思います。そんな二人だからこそ表現できた、かっこよさとリアリティに共感を覚える内容となりました。この機会にぜひご覧ください。


【15秒篇のCM動画やメイキング動画はこちら → http://www.mintia.jp/cm

記事に対するコメント・シェアはこちらから

その他のオススメ記事はこちら

リフレッシュマガジントップへ

Share

  • facebook
  • twitter

News


閉じる